HOME > 校内研究

校内研究

令和元年度校内研究

提案授業・国語科(5の2)

1 日時  2019年6月24日(月)3校時
2 単元名   新聞記事を書いて、言葉と事実について考えよう(読む)
3 研究主題との関わり
  【視点1】単元を通した言語活動の設定(概要)
        ・目的意識や相手意識を明確にもたせる。
        ・事実がよく伝わるためにどんなことが大切になるかよく考えさせ
         る。
        ・自分のこととして本教材文を読めるようにさせる。

  【視点1】学び合う場の設定(概要)
        ・一人学びの時間を確保し、目的に応じてグループでの話し合い活動
         やノートを持った自由交流などを取り入れる。
        ・交流後にもう一度自分の考えを整理し、見直す「再構築」の時間を
         確保することで自分の意見を明確にさせる。

提案授業・道徳科(4の1)

1 日時  2019年6月24日(月)5校時
2 教材名   合言葉は「話せばわかる!」(相互理解、寛容)
3 研究主題との関わり
  【視点1】内容項目をより自分ごととして考えさせ、向き合わせる手立て(概要)
        ・資料から理解させ、振り返らせる。
        ・自己を見つめる時間の設定
        ・日常生活の例から、さらに自分ごととしてとらえさせる。

  【視点2】共有することで考えを深めたり、視野を広げたりする手立て(概要)
        ・話すことで、相手のことを考えたり受け入れたりすることの大切さ
         に気付かせる。
        ・分かっていてもなかなかできない自分に向き合わせる。
        ・本音で話すことで、内容項目について深く追及させる。

部会授業研究・国語科(3の2)

1 日時  2019年8月26日(月)2校時
2 単元名   絵文字について説明しよう
3 教材名   くらしと絵文字
4 研究主題との関わり
  【視点1】単元を通した言語活動の設定(概要)
        ・学習のゴールを明確にし、目的意識を盛って説明文を読ませる。
        ・「くらしと絵文字」のキーワードや時を表す言葉などを活用し、
         段落のつながりを意識して文章を構成させる。
        

  【視点2】学び合う場の設定(概要)
        ・児童の個人差に配慮しながら、全体交流の前に少人数での対話や
         話し合いを意識的に取り入れる。
        ・自分の考えを確かめたり相談する時間をしっかり確保する。
        

部会授業研究・道徳科(2の1)

1 日時  2019年8月26日(月)3校時
2 教材名   学きゅうえんのさつまいも(親切・思いやり)
3 研究主題との関わり
  【視点1】内容項目を自分事として考えさせ、向き合わせる手立て(概要)
        ・友達に親切にした経験を多く発表させる。
        ・主人公の心情を、相手の思いと結びつけながら話し合わせる。
        ・「ありがとうカード」を書いたり受け取ったりする活動を取り入れる。
        

  【視点2】共有することで考えを深めたり、視野を広げたりする手立て(概要)
        ・主人公の気持ちを考え・伝え合うことで、友達の行為の裏にあった
         優しさや気遣いの大切さに気付かせる。
        ・「ありがとうカード」を書く・渡す活動を通して、世の中の人
         と人とが支え合い助け合うことで成り立っていることについて
         考えを深めさせる。
         
        

全校授業研究・国語科(2の2)

1 日時  2019年9月2日(月)3校時
2 単元名   お話のつづきを書こう
3 教材名   わにのおじいさんのたからもの
4 研究主題との関わり
  【視点1】単元を通した言語活動の設定(概要)
        ・書くことや考えることが楽しいと思わせることで、言葉を選んだり
         調べたり語彙が広がると考える。
        
  【視点2】学び合う場の設定(概要)
        ・友達の良いところを見つけ合う場を設定する。
        ・ペア学習などを通して友達と関わることで、思いを共有し自分の
         考えをもたせる。
         
        

全校授業研究・道徳科(1の2)

1 日時  2019年9月17日(火)2校時
2 教材名   こころはっぱ(友情、信頼)
 研究主題との関わり
  【視点1】内容項目を自分ごととしてとらえさせ、向き合わせる手立て(概要)
        ・友達ができた経験や友達に言われて嬉しかったことを振り返る時間
         を設定することで、今後の関わりを考えられるようにする。
        ・児童の普段の様子を提示したり身近な例を挙げたりすることで、み
         んなで仲良く過ごす大切さに気づかせる。
        
  【視点2】共有することで考えを深めたり、視野を広げたりする手立て(概要)
        ・自分の考えを記入し交流する場を設けることで、自分とは違う意見
         があることに気づき視野を広げられるようにさせる。
        ・班で意見を交流する時間を設定し、自分の思いを伝え相手の意見を
         受け入れるようにさせる。